注文住宅と建売住宅の違いって何?

夢のマイホームへの道

注文住宅の基礎知識について

注文住宅について知っておきたい知識を入れておきましょう。

注文住宅は自分の思い描いた理想に一番近い形の家を作り上げることが一番の醍醐味です。
注文住宅を作る際にまずしてほしいことがあります。
それは「構想」を考えてもらいたいのです。
どんな家にしていきたいのか、必要なものは何なのかを考えてみてください。

ご家族皆さん一人一人のライフスタイルがあります。
ご家族皆様それぞれに期待や不安に思うことが存在するはずです。
まずはそこから解決していきましょう。

次に依頼する業者さんをどうゆうところにするかを考えてみてください。
しっかりとした信頼関係を結べるように依頼先の業者さんの特徴をつかんでおいてください。
そうでなければ実際に依頼をしたときに不満や不信感を抱き満足する結果にならないからです。

信頼のできる業者さんを選ぶ。
ここも大事なポイントとなってきます。

注文住宅って本当にいいの?

注文住宅に関してメリット・デメリットをご紹介していきます。

メリット
・理想の家に住める
・自分オリジナルの家が作れる(こだわりの家)

デメリット
・時間がかかる、手間がかかる
・高額

デメリットで上げた「時間がかかる、手間がかかる」というのは建てるまでの時間がかかるということです。
家の土地探し、設計、打ち合わせにかかける時間、工事などなど何度も、業者さんに行かないといけません。
また、工事に入ってからも時間がかかります。頼んだからってすぐできるものではないですからね。
あとは建売住宅に比べればはるかに高い金額を支払わなければなりません。
土地の代金や工事代金といった建売住宅では出てこない費用が加算されてきます。

このことを踏まえて注文住宅にするか否かを考えてみるのはいかがでしょうか?


この記事をシェアする