注文住宅って建売住宅って何が違うの?

注文住宅と建売住宅の違いって何?

夢のマイホームへの道

皆さんは注文住宅ってご存知ですか? 「知らないけど多分読んだままの意味だよね」そう思う方が多数いらっしゃると思います。 まさにその通りです。 ですが、内容に関してはわからないことが多いと思います。 ここでは注文住宅の内容をご案内していこうと思います。

注文住宅ってなに?

皆さんはどんなお家に住みたいですか?
自分の家ってやはり落ち着けるところがいいですよね!
そんな想像をしながら家を建てたいなって思うものですよね。
でも大きな出費が出てくるので不安な面も出てきますよね。
一生に一度の買い物です。慎重になるのも無理はないです。
ここではそんな不安な面を解消していけるようにご案内いたします。

まずは予算を考えてみましょう。
予算に合わせて新築にするか、中古にするか、一戸建てか、マンションか。
もちろんライフスタイルに合わせて考える必要があります。
基本的なことではありますが、しっかりと考えてみましょう。
そしてまずは一度いろんなところを見てみましょう。
新築モデルルーム、中古物件、マンションモデルルームなどなど。
そして自分にはどれが合っていてどのくらいの予算で買えるのかを見ておきましょう。
私は中古物件から見ていきました。
最初は競売にかけられたものを見ましたが、一生住むと思うととてもではないですが買えませんでした。
そしていろいろなところを廻り、家を買うことに関しての感覚を養っていきました。

いろいろなところを見たり、情報を集めて回ることによって、自分がどのような家に住みたいのか、どのような家がいいのか。
そして家を建てたほうが理想的なのか、買ったほうが理想的なのかが見えてくるはずです。

そして銀行にも行ってみてください。
実際に仮審査までしてしまい、自分が理想とする家を購入することができるのかどうかをやってみてください。
実際にそこまでしてみて購入を考えてみてください。
そこまでして後は毎月返済ができるかどうか自分と相談をしつつ、周りの方とも相談をしてください。

そして夢のマイホーム生活をしていきましょう!

建売住宅ってなに?

建売住宅って何て読むでしょう? 「ケンバイ」住宅? いえいえ、「たてうり」住宅と読みます。 その名の通り立てているものを商品として売っている住宅のことです。 実際にはどんなものがあるのでしょう? ここではその内容についてご案内をしていきたいと思います。

本当にあった欠陥住宅の話。

注文住宅、建売住宅どちらにも言えることですが、「悪質な業者さんによって手を抜かれた家を買ってしまった。」「買ったはいいけど何にも保証してくれない。」 「こんなはずじゃなかった。」 そうならないように押さえておきたいポイント、見るべきところ、仲介業者についてご案内をしていきたいと思います。